メラトニンサプリの正しい飲み方

メラトニンサプリはどのように服用すればよいのでしょうか?飲むタイミングや期間はどれくらいなのか。 - メラトニンサプリの副作用について

メラトニンサプリの副作用について

夜にベッドで横になっても、一向に眠気がこなくて困っているという人もいるでしょう。
そんな時に快眠サプリとして、メラトニンサプリが人気があります。
ですがサプリだと、副作用は大丈夫と気になる人も多いかもしれません。
なのでメラトニンサプリの副作用について紹介します。

メラトニンサプリの安全性は?

まずメラトニンサプリは1mg〜10mgの摂取で効果があると言われています。
そしてこの用量を守っている限り、重大な副作用が起こる可能性は非常に低いと言えるでしょう。
そもそもメラトニンという物質は、体内に存在しているモノです。
体内でメラトニンの分泌量が減少し、その不足分を補うという形でメラトニンサプリを摂取するため、健康を損なう事はなく安全性が高いと言えます。
事実、重大な副作用があったという報告は、現時点ではありません。

体内の調節機能が衰える

では重要な副作用はないと言いましたが、メラトニンサプリにはどのような副作用があるのか紹介します。
まず効果がないからといって、過剰摂取してしまうと、悪夢を見たり、翌日に眠気が残る可能性があります。
そして体内のメラトニンの不足分を補う事で、ますます体内ではメラトニンを作る能力が衰える可能性があります。
もともとメラトニンは加齢に伴い自然と分泌量が減少する事は仕方がない事です。
ですが、本来備わっている自分でメラトニンの量を調節する機能がメラトニンサプリを摂取する事で、自分で調節しなくても大丈夫だと身体が判断してしまうのです。
そのため、メラトニンサプリを手放せなくなってしまうリスクがあります。
なので短期的に利用しながら、同時に生活習慣を改善して体内でメラトニンが分泌しやすい状況を作り出す事が大切です。

関連する記事